冷たいトマト LIVE

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10-FEET@京都MUSE (2010/02/24) 

"Life is sweet" TOUR ファイナル!

w/ロットングラフティー


地元京都でツアーのファイナルを迎える。四条通りにチケット譲って下さいの看板を持った人がうろちょろするのは異様な光景。街中ライブハウス、京都MUSE!!

高倍率をくぐり抜けてチケットゲットできたにも関わらず、生憎今日は足のケガとか若干の体調不良とかで止む無く後方待機を選択。

結果、後ろでおとなしくしてたにも関わらず(あくまで主観的に、ですがw)、終われば汗だく。

では簡単にライブレポ。


前座ロットンはスーツ集団で焦ります。
音楽的にはそこまで好きじゃない感じやったんですが、オーディエンスをあげるのがものすごくうまい。思わず気付いたら結構ノッてる自分に気付く、みたいな。笑

決して悪い意味ではなく、前座にもってこいのバンドでした。

あ、人生一度きり!All This Life!!とか言って歌い出した曲が最高に良かったです。

てっきりAll This Lifeって曲やと思ってたんですが、調べたらマンダーラって曲でしたw


入念なセッティングが行われていたのか、結構待って10フィがドラクエ「そして伝説へ」のSEにあわせて登場。

super stomper⇒VIBES BY VIBES⇒チャイニーズ・ヒーロー⇒STONE COLD BREAK

いきなりアッパーチューンでMUSEを制圧。

10フィTAKUMAと言えばMCが熱いことでも有名ですが、何と今回はMCほぼなし!

ゆえに、基本的にぶっ通しなわけです。異例のアンコールなし。

俺らには言葉は要らないと言わんばかりの。

セトリを見れば一目瞭然ですが、休める曲なんて全くないんですw

10フィの中でアゲの曲ばかりを集めました的なセトリになってますw

ニューアルバムの曲は前半にとっとと片付けてしまい、後半はすっかりオールディーズ。

CHERRYBLOSSOMの時はみんなどんだけ用意してるんだというぐらいに桜に見立てた紙吹雪が舞い散る。

用意されたセトリが終わった後はロットンも混じってかなーり古い曲を一緒にやったり、かなり和やかな雰囲気でおもろかったです。

何とCD音源化されてない10フィの昔の曲も聞けてこれはかなり貴重。

トータルで最高でした!としか言えないんですが、とにかくTAKUMAのパワフルさには脱帽。

「闘え!!」

TAKUMAが終始叫び続けた。

これは結構意見対立するやろうけど、僕はTAKUMAみたいな考え方が好きです。

ラストは一度歌った1sec.

TAKUMAの体力と声は限界で、こっちが心配してしまうぐらい。

全てを出しきってくれた10-FEETに感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてTAKUMAは日本のフロントマンの中で確実に3本の指に入るなとこの目で再確認しました。



そ~言えば、僕の前にいた35歳ぐらいの超肥満体型のおばちゃん。ぴょんぴょん(どんどん?)したり手を挙げたりするのは構わないんですが、僕の足と同じぐらいの太さの腕をびゅんびゅん(ぶぉんぶぉん)振り回すのだけは止めてほしいかったです。

目の前で凶器を振り回されるみたいで生きた心地がしなかったッスww



個人的にグァーって来た曲ベスト5

1位 1sec.
2位 Stone Cold Break
3位 quiet
4位 CHERRY BLOSSOM
5位 ライオン

欲の欲を言えば、Little more~、ナクシタモノ、BEAUTIFUL WORLDなどのゆったりした曲も聴けたら最高のセトリになってたと思います。



▼ロットングラフティー

SE ELECTRICBEE

1.切り札
2.エレベイター
3.夕映え雨アガレ
4.響く都
5.零戦SOUNDSYSTEM
6.マンダーラ
7.THIS WORLD


▼10-FEET

SE そして伝説へ

1.super stomper
2.VIBES BY VIBES
3.チャイニーズ・ヒーロー
4.STONE COLD BREAK
5.What's up?
6.Just A FALSE! Just A HOLE!!
7.SHOES
8.Mr.bullshit
9.BE FRIENDS AGAIN
10.under the umber shine
11.Freedom
12.quiet
13.back to the sunset
14.1sec.
15.ライオン
16.風
17.goes on
18.2%
19.日進月歩(ロットン結成時のデモテープ音源)
20.STREET(10-FEETバンドデビュー前の曲、音源無し)
21.SO
22.AND HUG(ロッ10グラフィ-トver)
23.LOODY
24.RIVER(鴨川ver.)
25.CHERRY BLOSSOM
26.4REST
27.1sec.
スポンサーサイト

Hawaiian6@京都Whopee's (2010/02/18) 

"BONDS" TOUR

RASH BALLの雪辱を。ハワイアンは自分の中でちょっと特別なバンド。そもそも邦楽にはあまり興味がなかった僕が深夜、FUJI ROCKのライブ映像で「こんなかっこええバンドが日本にもいたのか!?」って衝撃を受けたのは今でもよーく覚えてる。全てはそっから。ハワイアンを知らなければ今頃こういう系統の音楽とは縁がなかったかもしれんわけで。

京都祇園はホテルの地下にWHOPEE'S(ウーピーズ)というライブハウス。これで京都の主要ライブハウスは制覇。

90年代のバンドブームにレストランバーからライブハウスに転向し、できたハコゆえに決してライブ向きではない。

横長で縦は死ぬほど短く、舞台が低すぎて最前列か離れて台に乗ってる人しかちゃんと見えないというカオスww


w/DOING LIFE,suck piggy

suck piggyはガールズハンド。かなりカオスでした。
あ、ボーカル30歳っていうてたからガールズではないかww
そーいや、ハワイアンはこれまでのバンド人生の中でガールズバンドと対バンしたのはこれが初らしい!めっちゃ意外!

DOING LIFEはビビっときたのは1~2曲で後はちょっとハイスタ崩れみたいな気がしてならない。。。
もう少しボーカルに頑張ってほしい。


ハワイアン!!

正直今回のアルバムは今までと比べてかなりレベル落ちたなーって感じてたのでそこがちょっと心配でしたが、さすがはライブバンド。

CDで首をひねった曲もライブでは首を縦に振ってましたww

でもやっぱ昔の曲の方がグッと来た。

途中から我慢できずフロントエリアに参戦。

好きな曲で踊り狂えるって幸せです。

ハワイアンのライブってもう何から何までガチなんです。

捉え方によってはMCがちょっと臭いと思ってしまいそうなんですが、何かそうじゃなくてガチなんです。

言葉ではうまく説明できんけど、これこそがライブハウスに足を運んだ者の特権。

コンポやイヤホンから流れる音楽で満足できる人に同情!

響くものが違いすぎる。

先頭に立つのは怖いし、勇気がいる。バカにもされる。

でもだからこそ価値がある。

ライブ中は基本的に無心やけど、実は頭の中は色んな思考がクルクルしてる。

不思議な現象。


選曲はニューアルバムほぼ全曲と、古めからちょこちょこ。

Rainbow,Rainbow、Magic、~Lullabyが聴けたら更に最高やったけど、

なーに、そこまで贅沢は言いませんよww



セトリ

01.Heartbreaker
02.Abyss
03.A CROSS OF SADNESS
04.Egoist
05.WAY IT IS
06.The Misery
07.Blackout
08.A Praise Of Human
09.Without A Sound
10.Star Falls On Our Hands Tonight
11.On This Holy Night
12.SUNDANCE
13.A Piece Of Stardust
14.Song Of Hate
15.Revolutions
16.Color Of Love
17.Brand New Dawn

Encore1
18.I BELIEVE
19.Eternal Wish,Twinkle Star

Encore2
20.Fantasy
21.Flower

10,13,18,20,21あたりは涙モンでした!

GENERAL HEAD MOUNTAIN@京都MOJO(2010/2/16)  

GENERAL HEAD MOUNTAIN TOUR2010 「花笑み編」

ジェネのレコ発全国ツアー。

高校の友人のバンドも出演するということで行く気倍増。

まずは対バンから。

BIG FOOT171
諸事情で合同でライブをしてたらしい。詳しいことはよくわからん。
ボーカルはうまいが歌い方が好みではない。
MCの口調も好きではなかった。

Report-In-Side
友人のバンド。
系統としてはジェネと似ていて昭和歌謡の匂いがプンプン。好きです。
照明の使い方もさすがホームだけあってうまい。

CONSTRUCTION NINE
音楽は決してルックスにあらずということを照明してくれる。
個人的にはメロコア崩れにしか感じられず、、、。

ircle
実力派やなーと感じました。
アウェイにも関わらず、徐々に会場の空気を我が物に。
きれーに伸びる声が好きです。


GENERAL HEAD MOUNTAIN

さぁいよいよ主役の登場。

松尾さんは初めてブーツでライブしたらしいです。
日常にちょっとした刺激を与えたらしいっす。笑
以前のライブで見た、ものすごくクールな印象が頭から離れなかったため、今回の友好的なMCにはびっくり。
お決まりの、ひとーつ、ふたーつ、みっつ。よっつ。・・・いつつ。ジャーン!!
の流れは唯一無二で好きです。

セトリがわからんのは残念やけど、ジェネの中では激しめの曲が中心でした。
個人的には足音とかそこら辺も少しやってほしかったんですが、にしても最高でした。

終盤に繰り出される鳥籠にはうなりました。
大人しいオーディエンスでびっくりしましたが、まだあまりジェネ人気が浸透してないんだなーってことを肌で感じた瞬間でもあり。
来年の今頃にはMOJOではライブできないぐらいの大物になってる・・・はず。
とにかくジェネはこれからも追い続けます。

ライブ後は洛北乙3人集とびくドへ。
結局何話したかわからん感じでしたが、今思えば異色な組み合わせだったかもしれません。笑

おもろすー!
最高の時間だー!

the HIATUS×ストレイテナー@Zepp Osaka(2009/11/21) 

さぁさぁ行ってきましたよ1人で。細美武士率いるHIATUSとホリエアツシ率いるストレイテナーのガチンコ対バン。

BRAIN ECLIPSE TOUR

居ても立ってもいられないので結論から言います。

今まで見たライブの中で一番でした。

すごい感動したし、何よりすごい楽しかった。そしてこのライブで2kg痩せました。w

どっちも良かった。むしろ一緒にツアー回ってくれてること自体が感動モノ。

でも今回はテナーが本当に良かった。何かにつけて細美さん贔屓なたっきゅーですが、それでもテナーのパワーは凄まじかった。

他会場ではテナー⇒ハイエイタスだったらしいですが、大阪では逆でした。


まずはHIATUSから。

新曲がピンとこーへんかったからどーなんかなーって思ってたけどやっぱ良いよね、間違いない。笑

ライブで新曲を聞いて真先に頭に浮かんだのはRadiohead。

今回のライブでは細美さんは謎の手の動きをしていて、そんなとこもレディヘっぽいなーと。でも彼がやるとかっけーなと。笑

対バンの前でもあったのでMCは控えめ。

「周りに気を使って、笑ったり怒ったりするのを押し殺したりしてたら、いつの間にか本当にできなくなるから。子供のころなんて本気で笑ったり怒ったりしてたじゃん。お前ら、ライブに来たときくらいそうゆう感情に戻ってもいいんだよ」

っていう定番のだけは覚えてます。笑

どの曲も胸に染みたけど、やっぱSilver BirchとThe Flareは良かったなー

ライブバージョンでCDとは違う歌い回しも聞けて満足。

堀江氏のピアノも素晴らしかったし、アスパラから途中加入してるドラムの一瀬くんも頑張ってた。(一葉さんの方がうまいけど)

あっという間に12曲が終わってしまって、既に出来上がっているたっきゅー(笑)

果たしてテナーまで体力持つのか甚だ疑問やったけど、まぁそんなことここじゃ関係ないですよね?


続いてストレイテナー

数曲披露した後、

「ハイエイタスとストレイテナーがお送りするBRAIN ECLIPS TOURへようこそ」

「もうおなかいっぱいかもしれんけど、まだまだ詰め込んでいきます」

実はこの時、いや1曲目のCLONEの時に既に右上のゲスト席に細美さんの姿を僕は発見していました。ビール持って入ってきた時にたまたまそっちの方を見たらいはったわけですよ。そして目が合いました。笑

僕自身、右目の前に位置していたのでかなり近いです。ぬおー!って一人でなってました。笑

細美さんはテナーの曲でノリノリに踊っておられましたよ。笑

DONKY BOOGIE DODOまでは正直あんま知らん曲が結構あった。まだまだテナーを完全マスターしたわけじゃないし、未発表の新曲もあったので。。。

が、こっからがやばかった。

DONKY~はジャズ調な曲なのでノリノリな雰囲気に。

次に出てきたのがKiller Tune!!

ぐっふぉー!

会場全体が完全にテナーの音に酔いしれる。

たっきゅーの体から骨という骨が消えた瞬間でした。

体くにゃくにゃ。完全に無の状態、たっきゅー is トランス。

続くLittle Miss Weekend。完全に自我を失っていました。笑

ギターがピアノに代わり、名曲SIX DAY WONDERへ突入。

と、その前にちょっとMC。

ホリエ「こうやって対バンができて嬉しいです。さっきハイエイタスのライブを見てたんだけど、2005年のサマーソニックの時に一緒に出た時に細美くんのライブを見たのを思い出しました。あの時に感動がまた蘇った感じです。あ、あの時はELLEGARDENだけど。』

会場はちょっと苦笑いww

鍵盤に向かうホリエさんにどこか聞きなれた声が、声援が。うほ、細美さんだ!笑

見上げたらやんちゃっこみたいに2階席のフェンスに足を引っ掛けてぶら下がりながらにゃはにゃは笑って「ホリエー、愛してるぜー!」って叫んでました。笑

ホリエ「あ、えーっとなんて返していいか…(笑)」

会場は爆笑に包まれました。


SIX DAY WONDER、そのままネクサスで会場は落ち着いたかに見えたがそれも束の間。

必殺Melodic Stormのイントロで大荒れです。

一番有名ですね、この曲が。

当然のようにアンコール。

テナーで個人的に3本の指に入るぐらい好きな曲です、DISCOGRAPHY。

最後はTRAINをちょい激しい感じでやってくれてもみくちゃ。

ここでハプニング。

後ろにいた女の子が後ろから抱きついてきました。

ぬふぉ!

と思いきや、恐れ多くもたっきゅーを台にダイブしようとしとるではないか!w

にしても後ろからあんなに激しく抱きしめられたのは初めてでした←

そんな感じでライブは閉幕。


ここでライブ中の細美さん秘話。

ホリエさんがサマソニの話をし出した時から細美さんが泣きじゃくっていた。さっきまではしゃいでいた少年の顔をした36歳が。

エルレのこと思い出したんかなーって思ったけど、後に自身のブログでこう綴っている。

「テナーを観るだけでいつも泣きそうになるのに、昨日は一緒のステージで、目の前で親友が最高のライブをしてて、客席にいるみんながほんとうに楽しそうで、それがもう嬉しくて嬉しくて、なんだよー良かったなあああああああああ!!!!俺今日めっちゃ幸せだなあああああああ!!!つって心から泣けました。」

そうか。安心しました。そして細美さんってホントすごいなって思う。

多分あの会場で一番素直に感情表現をしていたのは細美さんだ。

最初の細美さんのMCが身に染みる。

ライブ後、ゲスト席で細美さんが倒れている。

今考えると嬉し倒れだったんですね。(んな言葉はないけれども)

最後に笑顔で手を振ってくれました。



そんなこんなで本当に最高のライブでした。

大好きなバンドを立て続けに見れて、酔いしれて、体全身で楽しんで。

幸いにも今は日常生活で大きなストレスとか嫌なこととかがないわけやけど、それでもやっぱ小さなことはいっぱいあるのも確かで。そんなんがこの3時間はぶっ飛んだ。ぶっ飛んだだけじゃなくて、それをまたこっちまで持ってきてどうにかしてやろうって気持ちにまでなった。



セトリ

the HIATUS

1.Curse Of Mine
2.Storm Racers
3.Ghost In The Rain
4.Lone Train Running
5.Antibiotic
6.The Flare
7.Silver Birch
8.ユニコーン
9.Centipede
10.紺碧の夜に
11.Twisted Maple Trees
12.Insomnia


ストレイテナー

1.CLONE
2.クラッシュ
3.BIRTHDAY
4.The Novemberist
5.A SONG RUNS THROUGH WORLD
6.TONELESS TWILIGHT
7.イノセント
8.DONKEY BOOGIE DODO
9.KILLER TUNE
10.Little Miss Weekend
11.SIX DAY WONDER
12.ネクサス
13.Melodic Storm

Encore

DISCOGRAPHY
TRAIN

ACIDMAN@Zepp Osaka(2009/11/08) 

A beautiful greed LIVE TOUR

初ACIDMAN。ゼップを小さいと言う友達もいれば大きいという友達もいて結局何が真実なんだ?

とにかく今回は大きいという友達です。何か毎度彼女とすごいことになっているそうで、まぁでもいつものことらしいです。笑

ACIDMANはかったるい曲が多いという理由で毛嫌いしてたんですが、数か月前に深夜TVでUnder The Rainという新曲を聞いて鳥肌立ったのをキッカケに聞くように。

相変わらず赤燈とかは好きになれんけど、今回のライブではやらなかったんで大木さん空気読める人やなーと思った。笑

同曲を含むニューアルバム「A beautiful greed」を引っ提げてのツアー。

このアルバムは本当に完成度が高い。

アルバム同様、ライブでも静と動で感情がガンガン揺さぶられた。

world symphonyで早々に上げられ、free starでは照明も味方してふわぁーってなって、ファタジア以降はアシッドワールドへようこそ。
大木さんのMCをはさみ、銀河の街とSo Farをアコギで。Under The rain、CARVE WITH THE SENSE、造花が咲くの一連の流れで会場の熱は最高潮に。
アンコールではyour songまで聞けて完全に満たされたライブだった。他会場ではやってないSo Farも聞けたし、欲を言えばRemindをやってくれたら完璧過ぎたんやけど、そこまで完璧やと逆にもう二度とACIDMANのライブには足を運ばんやろなー。笑



以下、ライブメモとセットリスト。

・ドラムのいちごさんは本気で改名?をしようとしている。笑

・ベース音小さい。サトマー!

・アシッドの照明はすげー。赤のカーテンっぽいの忘れられん。

・大木さんのMCは哲学的。カオス理論とかバタフライエフェクトとか。簡単に言うと全てに意味があって全てが繋がっているってこと。カオス理論は前に興味わいてちょっと調べたのをよく覚えてる。内容はキレイに抜けてたけどwwとにかく大木さんはドS且つアーティスティック。

・スカートの彼女、ACIDタオルを首にまく彼氏。2人とも終始乗らない。せめてその首のタオルを外して後ろか横へ行きましょう。笑

・まぁそんなこんなでもうちょい前に行けば良かったとやや後悔・・・



*セットリスト*

・A beautiful greed (introduction)
・±0
・world symphony
・Who are you?
・Bright&Right
・free star
・Colors Of The Wind
・式日
・ファンタジア
・星のひとひら
・銀河の街
・So far
・ucess
・Slow View
・HUM
・I stand free
・Under the rain
・CARVE WITH THE SENSE
・造花が笑う
・飛光
・OVER

アンコール

・ある証明
・your song


これはちょっと下手やけど、ライブ映像upしときます。

ACID好きもACID嫌いも是非一度ご覧あれ!

Under The Rain♪




skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 冷たいトマト all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。