冷たいトマト music

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間ベストミュージック 

年は明けてしまったがまだ今なら間に合う。

2009年の年間ベスト。音楽部門。(ちなみに音楽部門以外を取り上げる予定はないw

まぁ記録的な意味でね。

何かしら思い出に浸りたいじゃないですか。あーこんな音楽に熱中してたんやなーっと。

勝手にグラミーみたいにしてるけど、ただ気取りたいだけです。

音楽にレベルとか付けるもんじゃないかもしれんけど、個人的にこれくおりてぃたっけー!って思ったものや、単純に自分が一番ハマったものが挙がってくると思います。

アルバムは各1枚、シングルは各2枚、オマケは各4枚で。


<アルバム編>

【J-ロック部門】

A beautiful greed / ACIDMAN

[アルバム完成度抜群。捨て曲ナシの名盤。キーワードは動からの静。]


【J-パンク/メロコア部門】

Trash We’d Love / the HIATUS

[満足できないとこはあるにせよ、良作です。正直ここのセレクトはすごく迷ったけど、細美さん贔屓で選ばさせてもらいました。新たしい細美さんが見れます。]


【J-ポップ部門】

Box Emotions/ Superfly

[隠れた名曲を多数潜伏させたアルバム。シングルとして売られている曲と同レベルのアルバム曲が冴える。Superflyのバラード最高。そして歌うますぎ、この人。]


<シングル編>

【J-ロック部門】

Under The Rain / ACIDMAN

[夏ぐらいからよく聴いたなー。出会いは深夜の音楽番組で流れた10秒でした。ちなみにACIDMANにハマり出したのもこの曲がキッカケ。ロック感はんぱねー]

Isolation / Nothing's Carved In Stone

[生形のギターとひなっちのベースが抜群の安定感を誇る。最初聞いた時、ガンガン鳥肌立ちました。地を這うロック。]


【J-パンク/メロコア部門】

Silver Birch / the HIATUS

[細美さんの渋さと爽やかさが同時に垣間見える作品。ちょっと幼稚なハジケよりもこういう曲の方が好き。]

1 sec. / 10-FEET

[向上していくメロディが畳み掛けるサビに繋がっていく。10-FEETの底力が出た。映画クローズゼロの挿入歌。でも実際は全然挿入されてなかったのが残念。]


【J-ポップ部門】

STAY / コブクロ

[素晴らしい曲だと思います。それ以上でもそれ以下でもない。あまり注目はされてなかったけど、個人的には蕾に次ぐ名曲だと思ってます。]

COSMIC BOX / YUKI

[映画、曲がれ!スプーンのテーマ曲。映画は見れず仕舞いやけど、曲は素晴らしいねー。YUKIっぽさが全面に出てて、非常にクリエイティブな作品。]


【オマケ~09年よく聴いた曲~】*発売は09年とは限りません。

BELIEVE / EGG BRAIN

ガーネット / 奥華子

ONE LIFE / the pillows

恋焦がれて見た夢 / 綾香

[恐らくメロコアで一番聴いたんじゃないだろうか、EGGのBeilieve。時かけで一気にハマった奥華子。僕の就活ライフを支えてくれたONE LIFE。クロスゲームのエンディング、1話目から泣きました、恋い焦がれて見た夢。]


【オマケ~09年よく聴いたバンド・アーティスト~】

ストレイテナー

Northern19

the pillows

斎藤和義

[聴けば聴くほど味が出てくるテナー。ストレス解消にはもってこい、ノーザン。今までの曲を遡って聴くと終わりがないピロウズ。昔の曲良し、そして更に成長が加速する斉藤和義。]




こんな感じですねー

今一度振り返ってみると、あんまり挙げたいアルバムや曲がなかったのが残念で(笑)

感じとしてはいい音楽にいっぱい出会ってた気でいたんやけど、よくよくこうして振り返ると09年以前に発売されていたものが多かったりでした。


2009年。

世間的には音楽界は数多くの偉人を失ってしまった年だったと思います。

忌野清志郎、マイケル・ジャクソン、フジファブ志村。

これに関しては残念としか言いようがありません。ロッキンの山崎洋一郎が、

悲しい知らせが多すぎる。
歯をくいしばるような思いだ。

こう述べている。


個人的には今までの人生の中で最も邦楽を聴いた年だったかもしれない。

小学校低~中学年の頃は邦楽しか聞いてなかったですが、それ以降でいうとこんなにも洋楽から離れたのは初めて。

本当に00年代後半は洋楽不毛の年が続いた。

リバティーンズ、ジェット、マンドゥ、ストロークス、ホワイトストライプス、ハイブス、アークティックなど00年代前半に一気にすごいバンドが登場した。

彼らの今はあんまり輝いていない。

そして彼らを超えるどころか肩を並べるバンドは未だ現れない。。。

反対に国内ではロック、メロコア、パンクのジャンルでいいバンドにたくさん出会えた。

これは洋楽がイマイチだからこそ手が伸びたところである。そゆ意味で感謝、感激、たちつてと。

今年もいい音楽に囲まれて生きたい。

元気のカテ。

スポンサーサイト

「赤い糸」 

今まで音楽を聴く時は歌詞はあまり気にしなかった。

メロディーを重視したかったし、洋楽メインで聴いてる僕としてはいちいち歌詞なんか気にしてたらそれこそイイ音楽に出会い損ねてしまう。

それにそういうのは詩人やポエマーに任しとけ、ぐらいに思ってた。

友達にこの歌詞いいよと言われた時はすごく共感できたけど。


そんな僕も

最近、歌詞を少し気にするようになった。

まだまだ、メロディー:詞=9:1 ぐらいにしか思ってないけど、これからは少し歌詞に目を向けて聴いてみようかと思ってます。せめてJ-POPぐらいは。


最近気に入ってる歌詞です。

赤い糸/コブクロ
続きを読む

「タイヨウのうた/Stay With Me」 

タイヨウのうた (通常盤) タイヨウのうた (通常盤)
Kaoru Amane (2006/08/30)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る





ドラマ「タイヨウのうた」からのCDデビュー。雨音薫こと沢尻エリカが女優としては珍しくCDデビューを果たした。ドラマの内容に、沢尻エリカの弾き語りシーンや、ライブシーンが多々登場する。ドラマではXP(=紫外線に当たると死んでしまう病気、つまり昼間に外へ出れない)という難病を抱えながらも、音楽と恋人、仲間、家族を大切にし、前向きに強く生きていく雨音薫を沢尻エリカは見事に演じている。
やはり沢尻エリカの演技力は凄い。若手女優では頭一つ飛び出ているような気がする。
さて、本題のCDデビューであるが、収録曲は劇中で本人が歌う、2曲(タイヨウのうた、Stay With Me)を中心に構成されている。
初回限定版にはPVが収録されたDVDも付いてくる。


声が綺麗で、なかなか聴かせてくれる。歌唱力もかなりのもの。女優でこれだけ歌えた例はあまりないそうだ。

記録としては、オリコン9月11日付週間チャートで初登場2位に入った。女優の歌手デビューとしては広末涼子以来9年5カ月ぶりのトップ3入り。

また、発売1週目の売り上げは15万枚で、女性アーティストのデビュー作としては、内田有紀以来と、記録ずくめの歌手デビューとなった。

「ゆずえん」のすすめ。 

音楽が大好きな自分ですが、実はこのブログで音楽についてあまり取り上げていなかったので、この機会に【music】というカテゴリーを作りました。
初回に取り上げるのは、ゆずのアルバムで1999年に発表された「ゆずえん」です。僕は洋楽を鬼のように聴きますが、邦楽も一般peopleよりも聴きます(笑)
邦楽の中ではゆずがかなり好きですね。少しコアなところにいくと、エルレガーデンが好きです。ゆずとタイプは全然違いますが。ま、そのうち記事にします。

で、ゆずの話に戻します。ゆずのアルバムはほぼ全部聞きましたが、「ゆずえん」が一番質が高いです。勿論、音楽というものは人によって違うので、あくまでも僕の意見としてここには書きます。
邦楽によくある(というか邦楽の殆ど)、アルバムの中にシングル曲以外にビビッとくる曲が少なすぎる・・・ということは皆さん実感済みだと思います。ゆずのアルバムでもそんなアルバムは結構あります。ただ、殊、この「ゆずえん」に関しては基本的に捨て曲がないです。素晴らしいアルバムだと思います。邦楽でも好きな曲やいい曲は沢山あるんですが、なかなかこのアルバムが素晴らしい!と言えるものが少ないので、何か嬉しいです。聴いたことある人はもう一度、聞きなおしてみてください♪聴いた事のない人は是非聴いて下さい!!

それでは1曲ごとに一言メッセージを。

1 えん
→アルバムのクライマックスっぽい気配が流れつつも、トップバッターにもってこいの「今から何か始まるぞ」的なイントロ。静かな1曲です。
2 始まりの場所
→テンポの良い曲で、確か何かテレビ番組の主題歌に使われていたような??
3 サヨナラバス
→ご存知、ゆずの18番サヨナラバス。耳にタコができるぐらい聴きました。
4 「バイバイ」
→穏やかなテンポで進むメロディックな1曲。ゆずの高い声が響く。
5 センチメンタル
→メロディックであり、ゆずらしい1曲。
6 方程式2
→隠れた名曲。素朴な歌詞に、素朴なメロディ。何か懐かしさを感じる曲。僕が改めてこのアルバムを聴き直すきっかけを作ってくれた曲でもある。
7 いつか
→この曲は知らない人はいないでしょうと言えるぐらい広く知れ渡っている曲。ゆずのライブではこの曲が必ず演奏されるとかされないとか(笑)綺麗なハモリも聴き所です。
8 オーバー
→ゆったりした曲です。聴き応えがあります。
9 傍観者
→メロウな曲が並ぶ「ゆずえん」の中で激しいパンク要素を含む得特異な1曲。
10 灰皿の上から
→サビがなくても十分イイ曲。サビに入ると、ゾクっとします。凄い。
曲のタイトルもいいよね。
11 からっぽ
→ゆずと言えば、という問いに対する答えの上位に入るだろうう、ゆずの代表曲。言うまでもなくいい曲。
12 未練歌
→傍観者と共にこのアルバムにアクセントをつける激しい曲。未練歌と書いて、ミレンソングと読みます。
13 終わらない映画
→タイトルのいかにもイイ曲な感を裏切らない素朴で懐かしい1曲。
14 悲しみの傘
→ゆずの曲の中では比較的、キーが低い曲。アルバムのクライマックスに差し掛かるにふさわしい曲。ジンとくる1曲です。
15 友達の唄
→友達ソングの定番。2人で輪唱できる部分があるのが素敵です(笑)元気が出る曲でアルバムの幕が閉じます。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 冷たいトマト all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。