冷たいトマト 就活(振り返り)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活まとめ~応援ソング~ 

久々に就活振り返りのカテゴリでも書こう。

前に書いたんが3カ月前らしくすごく恐ろしい・・・

今日は就活中の応援歌特集♪

移動時間、電車の中で聞いたり、家で聞いて気合入れたり。

音楽ってやっぱりすごいなと感じたし、実際に目に見えないようで見えるパワーをもらった。


1位 One Life / the pillows

どんな靴を履いてても 歩けば僕の足跡

立ち止まればそれまで 僕が終わる印


圧倒的にこの曲を聞きまくった。ひたすらリピート。

本当に感謝しなければいけない1曲。僕の就活全体が支えられたと言って過言じゃない。

自分は自分。自分が自分であるために。




2位 Funny Bunny / ELLEGARDEN (the pillowsのカバー)

こうしてみるとやっぱpillowsすげーなww

キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を選んで走ってきた

うん、イイ歌詞!自信がつく!


3位 Side-by-Side / locofrank

サビに入る時がちょっと変な感じというか、いかにもマイナーコードというか。そこが好き。本当にマイナーコードかどうかは不明やけどとにかく好き。

ギターソロもかなり聴き込んだ。気合入りまくり。


4位 ハミングバード / 斉藤和義

歌詞がどうのとかではない。でも歌詞もそれっぽいっちゃーそれっぽい?

サビの壮大さがすごい。かぁーってなる。


5位 Rainbow,Rinbow / Hawaiian6

この曲はライブDVDを見て大好きになった。攻撃的な曲が多い中ですごくピースフルな曲。

ふわぁ~ってなる。競争じゃなくて平和にいこうと度々思った。


スポンサーサイト

就活まとめ~気休め就職ランキング~ 

就職偏差値ランクとか、ブラック企業ランキングとか、ホワイト企業ランキングとか、そんな情報がネットを中心に流れてるんですが、就活中はできるだけ見ないようにしてました。

何か見出したらキリがないし、まぁ何だかんだでどこ入っても大変やろなと、そう思ってたわけです。

(と言っても、どこからともなく何とかドンキーとか○セラはブラックだとか何とかソースはホワイトだとか、そんな話は耳に入ってくるんですがw)


で、教育実習を前にしてふとそんなものが見たくなった・・・というか、たまたま見てしまって、そっから少年の好奇心で色々と見てしまったわけです。

就活中は結局どこに行くかもわからんかったけど、いざ就職先が決まると気になるもんですな。


内定もらった中では行くと決めた会社はネームバリュー的には下から数えた方が早かったので、

あぁーどーせこんなランキングには載ってないんだろなぁ~と。

あんま期待してなかったんですが、何かスゲーとこにランクインしててビックリしました。


【文系就職偏差値ランキング】
http://jobranking.sakura.ne.jp/sougou/bunkei.html

【ホワイト企業偏差値ランキング】
http://jobranking.sakura.ne.jp/sougou/white.html



やっぱ鉄道会社っていいんですね、色々と。

特にホワイト企業ランクにここまで食い込んでるとは・・・

たーだ、話を聞いてる限りではそこまでホワイトだとは思わないんですが。。。笑

どちらのランキングも自分の内定先より上にある会社でそこまで行きたいと思うトコがないのは何か嬉しかったです。

まーこんなランキング、まず誰が作ってるかもわからないんで、アテにもクソにもならんのですが。笑


(あ、JRAがあったww←半分ウソで半分マジ)



ま、良い情報は大いに鵜呑みにしたいと思いますww



うん、入社後のギャップにへこたれるパターンですな♪


人生オワタ\(^_^)/


就活まとめ~第1志望の推移編~ 

確固たる第一志望がない状態で就活本番を迎えた。

それが良かったのか悪かったのかは今でもわからない。

とは言っても、ずっと第1志望がなかったワケではない。



夏まで─高校教師

9月─P&G、京都銀行

11月─ベネッセ、SMBC

12月─武田薬品、ベネッセ、花王

1月以降─MR中心(内資では武田、外資ではノバルティス)



もう今考えたら、京都銀行が第1志望にだったなんて信じられへん。笑

銀行の嫌さを知れたのは本当に面接が始まってからだった。

特に地銀はしがらみイッパイで、自分にはことごとく合わないと感じた。

まぁあんまり偏った意見は良くないけど、あくまでも私見の範囲で。


秋ぐらいはPGとベネッセに行きたくてしょーがなかったなぁ~


あ、年明け以降、第1志望がなかったわけではないです。

全部行きたかっただけです(笑)

就活まとめ~出会い編~ 

就活を通して色んな人と出会いました。

就活、なかなか楽しいやんと思えた理由の一つがこの出会い。


大学生活も後半に差し掛かると、新たな出会いってほとんどなくて、

なんかなぁ~

と思っていたので毎日次々と出会いがあるのは嬉しかったです。


基本的に人と話すのが大好きなので積極的に声をかけました。

“セミナーで隣になった人には必ずこっちから声をかける”

というのを目標っていうと大袈裟やけど、心がけていました。


特に印象深い出会いとして、

集団的出会いでは、

9月に参加した2日間の就活イベント、Grow Up Seminarでの多くの出会い、

某就活チームでの出会い、

2月に参加したインターンでの出会い

が大きかったです。

特にインターンではとてつもない刺激を受けて、あれに参加してなかったら今の自分はないとまで思ってます。


個人的な出会いは言い出すとキリがないんですが、

順不同で列挙すると、

・似てる奴
あるセミナーでたまたま仲良くなったMR志望が軸の関大のイイ奴。僕の知ってる中で一番就活うまくいってた。そーいや考え方とかも自分とすげー似てた。今でも電話したりします。

・出会いは迷子
駅降りたら同じセミナーに行きそうな感じの迷子の女の子に声をかけて一緒に行こうとしたら一緒に迷うという格好悪い感じの出会い。笑
その後、MR志望の友人としては最も深い交流があった。MRに関しての知識、情報がハンパなかったので本当にありがたい存在だった。そして知り合いの中で最も早く内定をもらった人でもある。しかも自分の目の前でww

・笑顔がステキ過ぎる奴
同じく外資の製薬の選考で一緒だった。
なぜか帰り道で話し込み、そのまま仲良く。
最初は僕が就活のこと色々教えてた感じやったけど、ちゃっかり早々に内定決めやがった抜かりない体育会ラグビー男。来週サシで情熱ホルモン行きますww飲み負けないように頑張りますww

・a 就活生×3
連絡先の交換はなかったものの、一瞬の出会いだった就活生。
カフェで隣になった子で明らかにもうちょいで始まる選考に持っていく履歴書を書いてて、自分と全く境遇が一緒だったのでちょいと話しかける。履歴書ってこう書くんでいいんかなぁ?とか話しながら共に旅立つ別の道への準備をする。

最終面接を受ける企業の目の前のカフェで面接までの時間を潰してたらたまたま横に病んでる感じの就活生がいたので声をかける。いやいや、大丈夫ですよ。肩の力抜きながらも全力で頑張りましょうよって。阪大生でも落ちまくる事実を目の当たりにした瞬間。今思えば、このちょっとの時間で緊張が少し和らいだ。何だかんだで最終面接前はちょっと緊張してたっぽい。

ちょっくら歩くか。時間もあったので散歩がてら歩いてた時、なぜか隣に歩いてた就活生と目があったの、あ、ちわーっす的な感じで話すことに。就活の愚痴を言い合いながら歩いた中ノ島ロード。今思えばかなりかわいかったなー(笑)

友達にこの話をすると、お前ナンパやないかーいって突っ込まれますww
そんなつもり全くなかったのでこれを言われた時のショックは隠しきれませんでしたww
でもあの一声をかけへんかったら、あの会話はなかったわけで、別にそれがなかったからどうなるわけでもないけど、何て言うかどれも自然体だったんですよね。話すべくして話したというか。


・韓国人は悪い人ばっかじゃないよ
所は某食品メーカー最終面接控え室。
部屋に入って一緒に待っていた就活生。パッと見た感じではわからんかったけど、話してるうちに韓国人留学生であることがわかる。日本語うまっ!と思ったと同時に、あー国籍とかで差別してないいい企業だなぁー(って当たり前のことなんやけど)と思った。志望動機が教授の論文でこの企業のことが出てきて、それにすごく関心をもったからという。すげーwwって思ったね。日本人ではまずない志望動機。山口大学から来ているらしく、しかも留学生ということで、日本の大学事情についてあまり知らないらしく、関関同立とは何かについて熱くレクチャーしたのを覚えてますww他にも色々話してなぜかすごく感謝されました(笑)


・ミスが生んだ出会い
某金融機関の筆記テスト。
あろうことか僕は筆記用具一式を忘れるww
入り口の所で人の優しそうな就活生を探して鉛筆の一本でも借りようと思ってたらそんな時間的余裕無くて、自分と歩調が同じ人に親近感を覚え(笑)、声をかける。あのーホントに悪いんですけどって。そしたらすげーイイ奴で快く貸してくれることに。
帰り道で話してたらバンドをやっているらしく、バンド名とか聞いて家に帰って調べるよーって。
そしたら彼もブログやってて、そこから連絡とって今度飲みに行くことに。ひょっとしたら月末にそのバンドのライブ見に行くかも♪
家に置き忘れられた筆記用具に感謝、感謝。




・・・もうね、他にも山のようにあるんですけどこれぐらいにしときます。

当然、集団的出会いの中で特に仲良くなった人もいて、それはまとめて書いてしまったけど、そんな出会いも含めると軽くレポート10枚ぐらい書ける勢いです。笑

携帯のアドレス帳も就活中に80件ぐらい増えました。

もちろん、全員と連絡を取り合ってるわけじゃないけど、みんな顔は思い出せるし、どこで会ったのか何を話したかも何となくやけど覚えてます。


就活は少なからずストレスが溜まりました。

ESに追われ続ける日々、うまくいかない製薬外資のGD、寝る時間ねーよなんてブーブー言いながら徹夜で書き続けた履歴書。

説明会1日に3社も行ったのに明日も朝一からかよー


そんなストレスを解消するためにカラオケたまーに行ったり、ギター弾いたりしてたわけなんですが、

そんなの気休めであって、本当のところは、

こうして振り返ってみると、上述したような色んな人との出会い、そこで生まれた新しい会話、そんなものが知らず知らずの内に僕のストレスを軽減してくれていたのかもしれません。


今ここに、

就活で出会った全ての人に感謝したいと思います。

またいつか、

そんな大人な関係は嫌いなので、

また必ずどうにしかして会いましょう。



もちろん、僕に良くして下さった沢山の人事の方との出会いにも感謝しています。




Q.就活で一番楽しかったことって何ですか?


A.そうですね、やっぱ人との出会いですかね。







↑↑シューカツも捨てたもんじゃねーなと思ってくれた人はクリック⇒下にある[投票する場合はクリック]をクリックで投票されます♪

就活まとめ~戦歴編~ 

以前からぼやいていたように今日は就活を振り返ってみたいと思います。

就活に関して書き出すと本1冊分書けるんじゃね?ってぐらい色々な人に出会い、色々な経験をし、色々考えてきました。

良くも悪くも、「就活」は自分の予想を遥かに超えた一大イベントでした。


今回は戦歴編ということで、別に企業と戦ってたわけではないですが(むしろ逆なわけで)、

ちょっと整理してみます。結局、どーだったのか知っておきたいしね。


【エントリー数】・・・約200社

いわゆるリクナビ等からのエントリー。大抵の企業がボタン1つでエントリーできます。
色んな業界を受けてたし、全く志望してなかった業界の企業も興味あったりでこんな数に。
まぁあくまでもエントリーなんで。。。


【説明会参加数】・・・約80社。(合説などは除き、学内セミナーは含む)

合同説明会は4回参加。1回で10社程度回ったからこれを入れれば120社程度に(累積数)。
製薬系の企業は何故か説明会に参加しないと選考に進めないというとこが多かったのでそこそこの数になりました。


【エントリーシート提出数】・・・約50社。(ESなしのとこもあるのでこれ以外にも受けている)

・42勝6敗2不明。(不明はESか他の選考どちらで落ちたかわからないもの)

・ES通過率 88%

就活の選考の中で一番恐れていたES、結果としては予想以上。
でも面倒くさいESは極力避けてきたのでww



【Webテスト/筆記試験】・・・30戦 25勝3敗2不明

・通過率 89%

いわゆるセコい計算が通用する算数のテストが多かったので割と苦戦せずにいけた。
就活始めた頃とのギャップは、SPIテスト少ないこと、Webテストが異様に多いこと、一般常識なんて殆ど出ないってこと。
正直、紙媒体の方は対策しようがないな~って感じました。
一方でWebテストは対策の有無で雲泥の差が出るな~って感じました。



【グループディスカッション数】・・・10戦 5勝4敗1不明。

・通過率 55%

・4月以降のGDに限れば100%(不明は除く)

通称、GD。4回の敗戦はいずれも2~3月に受けたもので、なぜ落ちたかもある程度わかっているつもり。先輩の一言でハッとさせられ、一度通ってからはコツを掴み、それからはほぼ落ちなかったです。



【面接】・・・41戦 34勝6敗1不明

・通過率 85%

・4月に限れば90%超え。

・最終面接は7勝2敗2辞退。

面接に関してはかなりの成績をあげました。賢く正直にいきました。全て正直に話したかと言えばウソになります。が、限りなく包み隠さず、そして自分らしくいきました。面接に正解はないと思うけど、コツや多少のテクニックはあると思います。



【内々定/辞退状況】

・内々定7社 (製薬、食品、出版、鉄道)

・最終面接辞退2社 (某外資系企業と生活用品国内最大手の某企業)

・最終面接前の選考辞退3社 (某メガバンク、東京ミッドタウンに本社を構える色々やってる某Fフィルム、業界3位ルルでお馴染みの某製薬企業)

・その他選考辞退16社



就活が本格化してきた2月頃は製薬外資から1社、製薬内資から1社、メーカーから1社、金融から1社もらえれば理想と考えていた。思ってたイメージとはちょっとだけ違ったけど、それ以上の形で内定もらえました。

内定もらった後はどこの企業からも(ってわけでもないけど)、求愛されて困った・・・・というよりかは見る目ないなぁ~と逆に自虐してましたww

こうして面接戦歴を振り返ると、落とされて大きなショックを受けたことがあまりないということ。

3月に初めて受けた最終面接で落とされた時ぐらい。後は気持ちに余裕があったのと、俄然第1志望!ってのを決めてなかったことであまり凹むことはなかった。(3月のGDでは凹みに凹んだけど)

とにかくこれだけの結果が残せたのは一重に何かのおかげとは言えない。

人関係では、友人の助け、両親の助言、JA・CAの方々、バイトの先輩、その他にも大勢の人に感謝しないといけない。

そしてアクセス関係で恵まれていたことも関係していると思う。地方から通って就活してる人は金銭的にも時間的にもそして体力・精神的にも辛そうだった。高々400円程度、1時間で大阪まで出れることはこの上ない幸せだと思ってます。

んで単純にあらゆることがラッキーやったってのもあると思います。笑

後はチューターとか塾講でコミュニケーション能力を鍛えられた経験そのものにも感謝。コミュニケーション能力もそうやけど、何より伝える力が身についたと思うし、それは間違いなく面接とかGDとかで活かせた。

時を遡れば、小学生の時に漫才とかしてたんも良かったんですよね。何故か面接の場ではポンポンとおもしろい発言ができました。(って自分で言ってる時点で残念ww)

最後に自分の努力や就活のポイントを抑えてたこともやっぱあるんかな~(いやあってほしいww)。


でも何だかんだで一番大きかったのは、飾らず就活できたからだと自分では思ってます。

集団面接や友達の話を聞いていると就活のために飾ってる人がすごい多い。

人事は人を見るプロだから嘘をついても飾ってもすぐバレる・・・ってよく言います。

これに関してハッキリ言うと、多分バレませんww

しかも人事が面接するのもそう多くありません。

じゃあ飾った方が得か?

んなことはない。(真実をうまく飾る必要はあるけど)

僕の就活に敢えて名前を付けるならば、

敢えて飾らない就活

です。

別に最初からそうしようと決めていたわけではなく、飾らない方が反応が良かったからです。

しかもそもそも自分を飾るのには抵抗あったし、最終的にそこに内定もらえてもこれから先ずっと引きずってしまうと感じたこともあります。

第一、飾った時点で自分の中では負けでした。

飾らないと受け入れられないことを自分で認めてしまうことほど虚しいことはないです。



そんなこんなで自分自身にも打ち勝てた就活を経験することができたのかなと思ってます。

それがきっとハッピーな就活!ってなもんでしょう☆

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 冷たいトマト all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。